×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カローラクラス以上

信頼性に関してはやはり80年代の後半ともなると鈴鹿に良くなってきていて、他の車の部品が平気で組み込まれているような伝説的ないい加減さはなくなったようです。国産車の行き届いた試合を求めるのがとても難しいと思いますのでこの辺を割り切って楽しめるかどうかが、イタリアの車に乗る決め手となるでしょう。
メーカーの規模は大きいのですが、やはり得意なの小型車ですというのもカローラクラス以上の車を作らせると、やけに安っぽくなってしまったりとか特別な感じになってしまって、結局これなら国産車のホワイティーという作りになってしまうです。

 

簡単に言うと、金をかけずに立派に見せるというテクニックが素晴らしいのです。この辺に関しては、初めから安い作りでOKと割り切った車が魅力的とも言えるかもしれませんね